栄養一口メモ

栄養一口メモ

ごぼうのはなし

ごぼうはキク科の二年草で、主に根の部分が食用にされます。
ごぼうを食用にしているのは日本と台湾のみ。
シャキシャキした歯ざわりと独特の香りが欧米人の好みには合わないようで、「日本人は木の根を食べている」と驚くとか。
原産地は地中海沿岸から西アジアにかけての地帯とされ、野生種がヨーロッパ・シベリア・中国東北部に分布しています。
日本へは中国から伝来したと言われています。平安時代の『本草和名』にも記載されており、少なくとも千年以上の歴史があります。
品種は細長い長根種と、太く短い短根種のふたつに分かれます。
長根種は滝野川が代表的で短根種は大浦、堀川、百日尺などがあります。
ごぼうは四季を通じて出回っていますが、旬は4~5月と11~1月の年2回。
初夏に出回るものは新ごぼうと呼ばれ、食感がやわらかく香りが豊かです。


ごぼうの栄養

ごぼうに含まれる炭水化物の主成分はイヌリンで、これは消化吸収しにくい食物繊維(不溶性食物繊維)の一種です。
同じく不溶性食物繊維のセルロースも多く含まれています。
不溶性食物繊維は腸の働きを刺激して腸内に発生した有害物質の排出を促す作用があり、便秘を予防し、腸に関する病気を抑制する働きがあります。

選び方・保存法

ごぼうは皮に香りがあるので、泥付きのものは鮮度が良いです。
大きすぎるものは「す」が入っていたり筋ばって固いことがあるので、まっすぐ伸びていて太さが均一のもの(直径が10円玉くらいのもの)を選ぶと良いでしょう。
泥付きのごぼうは洗わずに新聞紙にくるんで冷暗所で保存します。使いかけのごぼうはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。乾燥しないうちに使いきりましょう。
すでにささがき済みのものは冷蔵庫で保存しても2、3日しか持ちません。この場合はきんぴらごぼうなどに調理してラップに小分けして冷凍保存すると長持ちします。


診療科目

  • 一般内科(消化器・循環器)
  • 糖尿病外来
  • 内分泌内科
  • 甲状腺内科
  • 健康診断
  • 予防接種

当院のとりくみ

  • 糖尿病教室

糖尿病について

  • 糖尿病の知識
  • 栄養一口メモ

リンク集

お問合せフォーム


患者の気持ち


ページのトップへ