栄養一口メモ

栄養一口メモ

熱中症に気を付けましょう

熱中症は労働作業中や運動中に発生するものと思われてきましたが、最近では日常生活においても発生が増加してきています。
体温調節機能が低下している高齢者や、体温調節機能がまだ十分に発達していない小児・幼児は成人よりも熱中症のリスクが高く、更に注意が必要です。
熱中症の症状は一様ではなく、症状が重くなると生命に危険が及ぶこともあります。
しかし、適切な予防法を知っていれば熱中症を防ぐことができます。


熱中症を未然に防ぐには…
  • ・ 直射日光や高温下(室内を含む)に長時間いない
  • ・ 屋外では日陰を選んで歩く
  • ・ 屋外の活動時にはテントを張り、軒を出して日陰を作る
  • ・ 日傘をさす、帽子をかぶるなどして直射日光が当たらないようにする
  • ・ だれ・カーテンで直射日光を防ぐ
  • ・ 風通しを良くする
  • ・ 脱ぎ着しやすい服装で、体温調節をする
  • ・ 水分をこまめに取る(汗をかく前に)
  • ・ 睡眠や食事をしっかり取り、疲れをためない
高齢者のかたは、以下の点にも注意しましょう
  • ・ 寝る前にも水分補給
  • ・ 枕もとにも水分を
  • ・ 入浴はぬるめで短時間
熱中症になってしまったら?

暑さの中で少しでも体調不良を感じたら無理をしないようにしましょう。 熱中症の初期症状には以下のようなものがあります。

  • ・ 顔が赤くなり、ほてる
  • ・ だるさが強くなる
  • ・ 体温が上がる
  • ・ 体がふらつく
  • ・ 気分が悪くなる
熱中症かな?と思ったら…

衣服をゆるめて楽にしましょう。風通しのよい日陰や、冷房の効いた所に移動しましょう。冷やしたタオル(冷たいペットボトルなどでも代用できます)を脇の下や足の付け根に置き、体を冷やしましょう。
自分で飲めるようなら、スポーツドリンクや薄い食塩水などで水分補給をさせましょう。
ただし、意識障害などがあり、自力で飲めそうもない場合は無理に水分補給をする必要はありません。
重度の熱中症(意識障害、嘔吐、痙攣など)の場合、医療機関での輸液や血圧・尿量のモニタリングなどの厳重な管理が必要となってくるので、早めに医療機関を受診しましょう。

糖尿病患者さんの水分補給は?

カロリーがある清涼飲料水やスポーツドリンクなどには糖分が含まれているので、逆に血糖コントロールを悪化させてしまうことも。
熱中症予防のために水分を補給する時は、糖分が含まれていないミネラルウォーターや麦茶などが良いでしょう。

熱中症環境保健マニュアル(2008年6月改訂版)はこちらから

診療科目

  • 一般内科(消化器・循環器)
  • 糖尿病外来
  • 内分泌内科
  • 甲状腺内科
  • 健康診断
  • 予防接種

当院のとりくみ

  • 糖尿病教室

糖尿病について

  • 糖尿病の知識
  • 栄養一口メモ

リンク集

お問合せフォーム


患者の気持ち


ページのトップへ